ちるあうと速報

    2017年11月

    1: みつを ★ 2017/11/28(火) 18:18:28.31 ID:CAP_USER9
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171128/k10011237491000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_035

    11月28日 13時10分News Up

    「“卵子の老化”ってよく聞くけど、男性は何歳でも大丈夫でしょ」

    そう考えている人は大きな間違いです。

    「射精ができるかぎり子どもは作れる」

    そんな考えが大事な人を傷つけているかもしれません。
    まだ、あまり知られていない精子の現実です。
    (ネットワーク報道部記者 牧本真由美)

    精子は新鮮だから大丈夫?

    50代や60代の男性、特に芸能人など名前が知られた人に子どもができたとなると、まるで武勇伝のように聞いてしまい、男性は何歳になっても大丈夫なんだ、と思う人もいるのではないでしょうか。

    精子は、毎日新しく作られる。だから新鮮と言えば新鮮です。


    女性の場合は生まれた時に持っている卵子が、増えることはなく、年を重ねるとともに老化したり数が減ったりするのと大きく違います。

    しかし今、男性は年をとっても大丈夫という考えが誤っていることがわかってきています。

    男35歳、精子の分かれ道

    男性不妊の専門、獨協医科大学埼玉医療センターの岡田弘医師によると男性は2つのタイプに分かれるそうです。

    「35歳を分岐点として“精子力”(=妊娠させる力)が落ちるグループと、落ちないグループです」

    その根拠となるのは、子どもがいる男性と不妊に悩むカップルの男性、合わせておよそ150人を対象に行った調査です。

    全員、精子の量や運動量を調べる通常の精液検査では「正常範囲」と言われていました。

    そこで調べたのが精子力。

    精子は卵子と受精したあと、受精卵の分割を進めるためのスイッチを入れます。その変化を起こす力=精子力があるかどうかを精子とマウスの卵子と受精させて調べたのです。(マウスの卵子を受精させても分割は進まないので、ネズミ人間が生まれることはありません)

    スイッチを入れる力が高い位置で推移しているのが子どもがいる男性たち。不妊カップルの男性陣は、35歳頃から明らかに落ちています。

    「検査で精子の量や運動量も大丈夫と言われた」
    それでも妊娠させる力が弱くなっている可能性があるのです。

    なぜ精子力が低下するのか、原因はまだ研究中ですが、岡田医師は精子をつくる細胞が老化しているのではないかと考えています。

    「通常の検査で大丈夫だったので妻が原因だと思っていた」
    「妻に体の負担ばかりではなく心の負担もかけていて申し訳なかった」
    そんな声が男性たちから聞かれたそうです。

    岡田医師は不妊治療の意識を変えてほしいと話しています。

    「不妊の問題は、どうしても女性側に原因があると捉えられがちです。
    治療を女性任せにしてしまう男性も少なくありません。最初から、自分にも原因があるかもしれないと思うことが治療のスタートです」

    海外の研究でも

    海外の研究では精液の量や精子の運動率なども男性が年を重ねると老化現象が見られるという結果が出ています。

    男性が30半ばをすぎた頃から、遺伝子に異常がある精子の割合が増えることや、パートナーの女性を妊娠させるまでに時間が長くかかることも報告されています。

    まだ研究の数が少なく、女性ほどは明らかになっていませんが、男性も年を重ねると精子に影響があるようです。
    (リンク先に続きあり)

    no title

    no title

    【男35歳 “精子”の分かれ道、NHK最新不妊事情 「男性は年をとっても大丈夫という考えは誤り」 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/11/28(火) 08:45:15.73 ID:yJxc2AfaM
    no title



    竹俣 紅(たけまた べに、1998年6月27日 - )は、日本将棋連盟所属の女流棋士、タレント[1]。
    女流棋士番号は45。森内俊之門下[2]。東京都出身。早稲田大学政治経済学部在学中。ワタナベエンターテインメント所属。

    2016年度、高校3年生となり平日に学校を休めなくなったため[8]、2016年4月から2017年3月までの1年間、対局を休場した[9]。
    一方で2016年4月1日よりワタナベエンターテインメント所属となった[10]。
    2017年度、大山名人杯倉敷藤花戦1回戦(4月17日)で対局に復帰した。

    出演
    テレビ

    ワイドナショー(2016年1月31日 - 、フジテレビ)不定期出演
    ダウンタウンタイムズ(2016年2月8日、日本テレビ)
    ぴったんこカン・カン(2016年3月11日、TBSテレビ)
    くりぃむクイズ ミラクル9(2016年6月15日・11月6日・2017年5月24日、テレビ朝日)
    林先生が驚く初耳学!(2016年6月18日、MBSテレビ)
    くりぃむvs林修!早押しクイズサバイバー 2016夏(2016年6月29日、テレビ朝日)
    世界まる見え!テレビ特捜部(2016年8月29日、日本テレビ)
    クイズプレゼンバラエティーQさま!!(2016年9月5日、テレビ朝日)
    KING OF JAPAN (2016年9月25日、日本テレビ)
    古舘がニュースでは聞けなかった10大質問!!だから直接聞いてみた(2016年11月9日、TBSテレビ)
    この差って何ですか?(2017年3月21日、TBSテレビ)

    【【将棋】女流棋士の竹俣 紅さん「2016年は高3なんで、対局はせずに受験に専念しまーす」】の続きを読む

    このページのトップヘ