ちるあうと速報

    1: 風吹けば名無し 2017/11/25(土) 17:03:00.41 ID:1MiZ6mFO0
    米フィラデルフィアのガソリンスタンド前に立つケイト・マクルアさん(右)らとホームレスのジョニー・ボビットさん(左)
    no title
    米東部フィラデルフィアで先月、車のガソリン切れで立ち往生した女性に、ホームレスの男性が有り金でガソリンを買い与えて助け出した。
    恩を感じた女性が男性のために募金を始めると、約三十五万ドル(約三千九百万円)の寄付が集まった。米CNNテレビなどが二十四日、報じた。

    フィラデルフィアの高速道路で夜間、ケイト・マクルアさんはガソリン切れの車を止め、恐る恐る近くのガソリンスタンドに向かう途中にホームレスのジョニー・ボビットさんと出会った。

    ボビットさんから「車に戻って、鍵を閉めておいて」と言われて待っていると、ボビットさんはなけなしの二十ドルで買ったガソリンの缶を持って現れた。
    その上で給油もしてくれ、マクルアさんは無事帰宅できた。その後、マクルアさんは交際相手と共に恩返ししようと、ボビットさんのためにサイトを通じて寄付を呼び掛けた。

    地元紙にも報じられて反響を呼び、約二週間で一万人以上から寄付金が殺到した。ボビットさんは大喜びで、今月下旬の感謝祭はホテルで過ごすことができたという。

    配信2017年11月25日 夕刊
    東京新聞
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201711/CK2017112502000245.html

    【【海外】ガス欠の女性救ったホームレス お礼に3900万円ゲット 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/11/25(土) 14:59:32.79 ID:CAP_USER9
    生活保護の窓口。ベーシックインカムが導入されると生活保護は「めったに発動はしなくなる」という
    no title


    衆議院選挙でも言及する党が現れた「ベーシックインカム」ですが、いまいち、関心は高まっていません。実験的に導入された国もあれば、国民投票で否決されたところも。過去には、支給額が高すぎて人々が働かなくなってしまった例まで……。いったい、いくらが適正なのか? 国内の議論に足りないものとは? 専門家に聞きました。

    ■「AIからBIへ」スローガンに欠けていたこと

     話を聞いたのは、駒沢大学准教授の井上智洋(ともひろ)さんです。

     井上さんは、まず「ベーシックインカム」が日本では「全然、知られていない」と言います。

     今回の衆院選で、一部、注目されましたが「注目のされ方が悪かった」と指摘します。

     「希望の党の小池百合子代表が『AIからBIへ』というスローガンを訴えていました。しかし、選挙で言及するには、財源についてもう少し煮詰める必要があると感じました」

     井上さんは、小池代表が発言したのにもかかわらず、全国的な広まりを見せなかった原因として「準備不足とリアリティーのなさ」を挙げます。

    ■誰が得して、誰が損する?

     井上さんは「ベーシックインカム」について、財源を抜きに議論はできないと強調します。

     「ベーシックインカムの財源は主に税金です。そして、財源についての問いの立て方が大事になってきます」と指摘します。

     「必要な制度であれば、税金をとってやればいい。でも、税金を取られるのはみんな嫌がります。税金を払う『損』とベーシックインカムによる『得』の差し引きを考える必要があります」

     井上さんの計算では、平均的な所得をもらっている人にとって、その「差し引き」はあまり変わらないそうです。一方、平均より低い所得の人は、得が大きくなります。

     そして、平均より高い所得、つまり、お金持ちは損の方が大きくなります。

     「ベーシックインカムは一つの社会保障制度なので、基本的な考えは、お金持ちから低所得層へ富の再分配です」

     その上で、井上さんは、所得税率の設定や税金徴収の姿勢など、お金持ちでも納得できるような方策を考えていくべきだと訴えます。

    ■導入されたら生活保護は…

     井上さんは、「ベーシックインカム」を導入する場合、失業手当や児童扶養手当などは廃止され「ベーシックインカム」に一本化されるべきだと考えます。
     
     その結果、生活保護は「最後の守り」として「めったに発動はしない」存在になります。

     生活保護の対象者は今よりも少なくなり、病気や障害などで「ベーシックインカム」の金額だけでは生活できない場合に限って支給されます。

    ■海外で高まる関心

     海外では「ベーシックインカム」への注目が高まっています。

     「ベーシックインカム」の世界大会「BIEN」(Basic Income Earth Network)は、2016年に韓国で開催され、2017年にはポルトガルで開かれました。

     フィンランドでは、実験的に導入されるなど、特にヨーロッパで「ベーシックインカム」への注目が高いそうです。

     そんな中、井上さんの目には「日本は弱者へ冷たい国」に映るそうです。

     「勤勉さなどを美徳にしてきたからでしょうか。もともと聖書にあった『働かざる者食うべからず』という言葉が、日本で社会保障の話をする時に、よく出てきてしまいます」

    ■スイスの国民投票「私でも反対」

     一方、2016年にスイスで「ベーシックインカム」を巡る国民投票が行われ否決されました。

     その理由について、井上さんは「月額28万円という支給額が高過ぎた」と指摘します。

     「月額28万円では、財源が確保できず、財政が立ちゆかなくなります。ベーシックインカムを擁護する私でも反対しますよ。ここで失敗例を作ってしまったら、今後、ベーシックインカムが議論しにくくなりますから」

    >>2以降に続く

    配信11/25(土) 7:00
    withnews
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00000003-withnews-bus_all&p=1

    【【富の再分配】「ベーシックインカム」いくらが適正?「月28万円」のスイスでは…高すぎて「働かなくなった国」も 】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/11/25(土) 14:40:34.20 ID:CAP_USER
    「クリスマス前に恋人がいなくても、9割以上の独身男女は焦っていない」──KDDIとKDDIコマースフォワードは11月24日、そんな調査結果を発表した。「クリスマスは恋人と過ごす」というイメージが減少傾向にあるようだ。

     全体の71.7%が「恋人はいない」と回答。恋人がいない人で「すごく焦っている」「どちらかといえば焦っている」と答えたのは9.2%にとどまり、90.8%が「全く焦っていない」「どちらかといえば焦っていない」と答えた。
    no title

    no title


     クリスマスまでの約1カ月の過ごし方は、90.8%が「いつも通りの生活」と回答。「合同コンパにたくさん参加する」「異性交流アプリに登録する」など、出会いに貪欲な行動は5%に満たなかったという。

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1711/24/news100.html

    【【社会】独身の9割「クリぼっちでも焦らない」 】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/11/23(木) 15:29:08.05 ID:CAP_USER
    マイホームは「持ち家」と「賃貸」のどちらがトクか──。これまでも散々繰り返されてきた議論だが、「特にこれからの時代は、リスクを背負ってまで買うべきではない」と断言するのは、住宅ジャーナリストの榊淳司氏だ。果たしてその根拠とは?

     * * *
     私は、日本人には住宅についてのある強迫観念が存在していると考えている。それは、「一人前になったら家を買わなければならない」というものだ。仕事を持ち、結婚して、子どももできた一人前の職業人が、いつまでも賃貸住宅に住んでいると、世間から「どうして?」と思われる。

     まわりを見渡してみよう。しっかり仕事をしていて、それなりの家庭を築いている人のほとんどは持ち家に住んでいないだろうか。そういった人で賃貸暮らしを続けているのは少数派である。

     しかし、自宅というのは必ずしも購入しなければならないものなのか? 私は常々疑問に思っている。

     住宅というのは、人が暮らすための器である。雨風をしのぎ、安寧と安眠の場所を提供する場所だ。できるだけ快適で、手足をゆったりと伸ばせて、圧迫感を抱かない程度の広さがあればよいのではないか。仮に一般人が宮殿のような住まいを手に入れても、維持管理に困るだけだ。

     特に今の日本は人件費が高い。家事を手伝ってもらう人を雇う、というのはよほどの富裕層でない限りは不可能。そうなれば、一人当たり30平方メートルから50平方メートルくらいの広さがちょうどいい。掃除や手入れも行き届く。また4人くらいの家族で暮らすならせいぜい100平方メートルだ。それ以上になると、清潔な状態を維持するだけでも相当の労力を必要とする。

     つまり、今の一般的な日本人の必要とする住まいは、さほど広くない。そして、この国では住宅自体が余っている。日本全体で13%余りの住宅が空き家になっていて、それは今後どんどん増えることが確実視されている。

     さらに言えば、住宅は余るわけだから資産価値は低下していく可能性が高い。現に、日本全国で住宅を含めた不動産の価格は下落している。不動産の価格自体が上昇しているのは、東京や神奈川、京都や大阪、仙台、福岡といった特殊な事情がある一部の地域の、限られた場所だけである。その他の不動産はほとんどが、その資産価値を落としている。

     中には、誰も所有したがらない不動産も多い。日本全国で所有者不明の土地が九州と同じ面積分だけあると言われている。

     不思議なのは、こういう時代でも35年ローンを組んでマンションを買おうとしている人が多くいることだ。なぜそのようなリスキーな買い物をするのか、私には理解できない。

     今後、日本では人口減少とさらなる少子高齢化が進む。移民政策を大転換でもしない限り、この国の住宅需要は減り続けるだけだ。絶対に増えない。増えないということは、その価値も高まらない、ということになる。

     カンタンに言えば、不動産の資産価値は下がり続ける。もっとあからさまに言うと、35年ローンで購入したマンションの市場価格が購入時よりも上がる、ということはマイナス金利になったり、年率5%以上のインフレにでもならない限り起こり得ないのだ。

    であるのに、多くの人が35年ローンを組んでまでマンションを買いたがっている。なぜだろう?

     人は、目の前で起こっていることしか理解できない。目の前では何が起こっているのか。特に東京の都心やその周縁では、不動産について何が起こっているのか。一般人にも分かりやすい現象は、「マンションの値上がり」である。

     2013年以来、マンションの価格は新築も中古も上がっている。だから、多くの人はこの流れが今後も続く、と考えている。あるいは「オリンピックが終わるまでは」などという根拠のない妄想を抱いている。
    http://www.news-postseven.com/archives/20171123_631587.html
    Highrise-Condo-Living-Room

    【【あなたはどっち?】なぜ日本人は賃貸自由主義より35年ローン地獄を選ぶのか 】の続きを読む

    1: 腐乱死体の場合 ★ 2017/11/25(土) 12:30:09.22 ID:CAP_USER9
    同居男性のアニメDVD無断転売 窃盗容疑で女逮捕 兵庫


    11/25(土) 9:01配信

    神戸新聞NEXT
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00000003-kobenext-l28

     同居していた交際相手がコレクションしていたアニメのDVDを転売したとして、
    兵庫県警明石署は25日、窃盗の疑いで、明石市の無職の女(23)を逮捕した。

     逮捕容疑は、24日午前10時45分ごろ、交際相手の男性(49)のDVD8枚(約9万円相当)を盗んだ疑い。
    同署の調べに「お金がなかったので盗んだ」と容疑を認めているという。

     同署によると、DVDは「魔法少女リリカルなのは」や「鋼の錬金術師」などで、全て未開封だったという。
    以前から男性の所持品が無くなっていたといい、「一番大事にしていた」というDVDが無くなったことから、
    24日に同署に被害を申告したという。



    >>1
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511571245/l50
    img_0

    【「一番大事にしていた」 交際相手の男性(49)のコレクション「魔法少女リリカルなのは」などの未開封DVDを無断で転売した女(23)を逮捕】の続きを読む

    このページのトップヘ