ちるあうと速報

    1: かばほ~るφ ★ 2017/11/24(金) 11:22:44.88 ID:CAP_USER9
    「心は男」なぜ女性刑務所 性同一性障害の県内被告、「死ぬほど苦痛」涙の訴え
    11/24(金) 5:00配信

    「女性刑務所に入るくらいなら即、死刑にしてほしかった」。
    窃盗の罪で服役することになった県内の20代被告が、拘置施設の面会室で悲痛な声を響かせた。
    頬には涙の跡が幾筋も光る。髪は肩まで伸びているが、声は低く、一見した限りでは性別が分からない。
    被告には、体は女性だが心は男性という性同一性障害がある。
    控訴審判決が出た直後の今月21日、金沢刑務所拘置区(金沢市)で面会し、現在の心境などを聞いた。
    (社会部・中島慎吾)

    被告は6月、県西部の商業施設で食料品などを盗んだ疑いで逮捕、起訴された。
    執行猶予期間中の犯行だったこともあり、一審富山地裁高岡支部で懲役1年の判決を受けた。
    猶予されていた刑期を合わせると3年4カ月ほどになる。

    性別を変更するため、かねてから適合手術を望んでいたが、経済的な理由で受けられずにいた。
    性同一性障害の専用刑務所はなく、このままでは戸籍上の性別に従って女性刑務所に入ることになる。
    それを避けるには実刑から逃れるしかない。執行猶予付き判決を求め、名古屋高裁金沢支部に控訴した。

    しかし、面会直前の判決で一審の判断が変わることはなかった。
    「社会内での更生の道を自ら閉ざした。障害を酌むとしても限界がある」。
    安易に犯行を繰り返したと断じる裁判長の言葉が法廷に重く響く。「これ以上どうしようもない」。
    風船から空気が抜けるように闘争心を失った被告は、この日のうちに上告する権利の放棄を申し出たという。
    放棄が確定すれば受刑者として服役することになる。

    自らが犯した罪に対し懲役刑を受けることはやむを得ない。
    だが、女性として服役を強いられるのは「二重の刑罰」だと感じている。
    男性の外見を保つためのホルモン投与も逮捕後は受けられず、女性に近づいていく自らの容姿に
    強い嫌悪感を抱くようになった。「自殺したい」との思いも頭をよぎる。

    一方で、それに打ち勝ち、罪を償って出所できたなら、同じ境遇の人を支えたいとの願望もある。
    「もう誰にも同じ思いをしてほしくない。刑務所で体の自由が制限されても、性別の自由は奪われないよう、
    世の中を変えたい」

    (後略、全文はソースで)
    11/24(金) 5:00配信 北日本新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00091051-kitanihon-l16
    hanzai_suri

    【「体は女性だが心は男性」「女性刑務所に入るくらいなら死刑に」…性同一性障害の被告「死ぬほど苦痛」涙の訴え】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/11/21(火) 23:35:35.11 ID:CAP_USER
    ◆【悲報】ゲイを散々叩いてきた政治家、オフィスで男性と合体したところを目撃され辞任へw

    米オハイオ州の共和党議員ウェス・グッドマン氏(33)が今月15日、辞任を発表。
    敬虔なキリスト教徒として高らかに反同性愛を主張していたグッドマン氏でしたが、なんと自分のオフィスで別の男性とメイクラブしていたことが発覚してしまったのでした。

    LGBTを否定する旨の過激発言を繰り返してきた、オハイオ州議会議員のウェス・グッドマン氏。
    氏は信心深いキリスト教徒として、かねてより「自然な結婚とは男女がするもの」「固く結ばれた父と母、理想的な家族を我々は守っていくべき」などと言及。
    保守党で目覚ましい活躍をみせる敏腕政治家でした。

    しかしそんな”厳格”な彼がオフィスで一般男性と性行為に及んでしまったのです。
    濡れ場を偶然目撃してしまった人物が別の議員に報告したことで事態が発覚。
    結果、グッドマン氏は自身のポストから辞任を申し出ることになりました。

    なお、グッドマン氏と男性との関係は「完全に合意」だったとのこと。
    氏の公式サイトでは「健全、活気、繁栄、そして価値を生み出す家庭こそがオハイオ州の誇り高き歴史であり、州の発展の鍵となる」と謳っていましたが、閉鎖に。

    かつては人工妊娠中絶を反対する”いのちの行進”の副所長を勤める妻・ベターニ夫人と共に、オハイオ州に貢献していくことを誓ったほどの人物ですが・・。
    世界が驚く電撃辞任となってしまいました。

    写真:辞任したウェス・グッドマン氏
    no title


    ユルクヤル、外国人から見た世界 2017年11月20日
    http://yurukuyaru.com/archives/73705516.html

    【【米国】ゲイを散々叩いてきた敬虔なキリスト教徒の政治家、オフィスで男性とメイクラブしていたところを目撃され辞任】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/11/24(金) 01:07:55.43 ID:CAP_USER9
    上越警察署などは23日、ストーカー行為をしたとして上越市大潟区九戸浜在住の派遣社員、39歳の男を逮捕した。

    警察によると、男とは7月15日から10月3日ころまでの間、20代の女性の自宅に3回押し掛けたうえ、女性が所有する自動車に自身の体液を付着させるストーカー行為をしたもの。

    配信2017年11月23日 09:39更新
    上越妙高タウン情報
    https://www.joetsu.ne.jp/27331
    stalker

    【【マジキチ】ストーカー容疑 39歳の男逮捕 20代の女性宅に3回押しかけ女性の車に体液を付着させる】の続きを読む

    1: 赤黒梟 ★ 2017/11/22(水) 16:22:41.18 ID:CAP_USER9
    モデルのMALIA.(34)が22日、自身のブログを更新し、4度目の結婚を発表した。
    お相手は元Jリーガーでファッションモデルの三渡洲舞人(24)。

    MALIA.は「この度私、MALIA.はファッションモデルの三渡洲舞人さんと本日入籍致しました事を
    ご報告させて頂きます」と入籍を報告。
    「ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、私の人生の中では、出会い、別れ、たくさんの事がありました」と
    これまでの日々を振り返り、「お仕事、私生活においても、軸がブレそうになる私をしっかり諭し、軸に戻してくれて、
    心に安心と笑顔を与えてくれた彼と生涯を添い遂げたい。と思うまでにそれほどの時間は要しませんでした」とつづった。

     「皆さまからの色々なご意見があることを理解した上で、たくさん悩みましたが、私自身自分の気持ちに正直になること、
    第一に何よりも大切な子供と話し合い、この様なご報告をさせていただく運びとなりました」とし、
    「彼との出逢いに感謝をし、大切にしていきたいと思っております」とコメントを2ショット写真とともに、
    「三渡洲真里有」と本名で喜びを報告した。

     この日の朝のエントリーでは海での水着ショットとともに「今日はMALIA.にとって 
    とっても大事な日なんだ その前にみんなから素敵なコメント たくさんもらってHappyな1日が更に 
    Happyになりました」などとつづり、幸せな気持ちを匂わせていた。

     MALIA.は2001年に当時J1横浜でプレーしていたDF田中隼磨(35=現J2松本)と結婚して男児を出産したが、
    04年に離婚。翌05年には総合格闘家の山本“KID”徳郁(40)と再婚して1男1女をもうけたが、09年に再び離婚。
    15年元日に、当時J1横浜でプレーしていた佐藤優平(27=現J2山形)と3度目の結婚をするも、
    今年3月に三度離婚している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00000136-spnannex-ent

    【【4度目】MALIA. 元Jリーガーのモデルとの結婚を発表】の続きを読む

    このページのトップヘ