ちるあうと速報

    ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

    科学

    1: しじみ ★ 2017/11/11(土) 01:53:49.12 ID:CAP_USER
    NASA=アメリカ航空宇宙局は、日本が先月発見した月の地下にある全長50キロにおよぶ巨大な空洞が
    宇宙飛行士の居住空間として活用できるとの見方を示し、今後、探査ロボットなどを送り込んで詳しく調べたいという考えを明らかにしました。

    NASAは、2030年代の有人火星探査の実現を目指し、そのための拠点を月に築く計画で、
    検討グループの最高責任者を務めるゲスティンマイヤー氏が9日、議会下院で行われた公聴会で証言しました。

    この中で、ゲスティンマイヤー氏は、拠点構築のために宇宙飛行士を月に送り込む上で最大の障壁となるのは
    宇宙から降り注ぐ放射線の影響だと指摘しました。
    そのうえで、先月、日本の月探査衛星「かぐや」の観測データから判明した月の地下に存在する全長50キロにおよぶ巨大な空洞について、
    「放射線を防ぐことができ、間違いなく宇宙飛行士の居住空間として検討できる」と述べて、拠点の候補地になりうるとの見方を示しました。

    そして、今後、月に探査ロボットを送り込むなどして、詳しく調べたいという考えを明らかにしました。

    月の探査をめぐっては、日本も2025年以降に日本人宇宙飛行士を月面に送る計画を検討しているほか、
    中国やロシアなども有人の月面探査を研究していて、宇宙開発の拠点として月が活用できるのか、注目されています。

    関連スレ
    【宇宙探査】月の地下に巨大な空洞発見 月面基地として活用の可能性も 月探査衛星「かぐや」の観測データから/JAXA
    https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1508335143/

    NHKニュース
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171110/k10011218471000.html
    BUha3zFCYAAnl9L

    【【宇宙】〈続報〉月の巨大空洞を宇宙飛行士の居住空間に NASA 有人火星探査のための拠点へ 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/11/30(木) 12:15:25.10 ID:CAP_USER
    ◆一瞬でもハエがとまった食品は絶対に食べてはいけない。ハエは想像以上に汚かったことが最新の研究で判明

    ハエが食料に止まった時、誰しもが手で払いのけるでしょう。
    一瞬止まったぐらいでは気にせず食べ続ける人も少なくないかと思います。
    しかし最新の研究によると、ハエは私たちが想像していたよりも”はるかに汚い”ことが判明しました。

    米ペンシルバニア州立大学・シンガポール南陽技術大学・リオデジャネイロ連邦大学の合同研究チームが、日本でも全国に分布している「イエバエ」と「クロバエ」について研究を実施。
    ハエは何度も動物の死骸や糞便に触れるので、足と羽根には数百を超える細菌が”うじゃうじゃ”付着しているとのこと。

    さらにこれらの細菌は、ハエが食べ物に着陸したと同時に足の方へと移動を開始するとか。
    そのためハエが少しでも止まった食品はすぐ人間にとって有害になり得ることが、この研究を通して分かったのでした。

    「この研究は今後皆さんがピクニック中ポテトサラダにハエが付着した時、よく考え直すキッカケになることでしょう」と警鐘を鳴らすのは、ペンシルバニア州立大学のドナルド・ブライアント教授。
    ハエが持つ細菌の中には腸内の潰瘍(かいよう)を引き起こすピロリ菌も含まれており、少しぐらいなら大丈夫という考え方も改めるべきなのかもしれません。

    また研究では、田舎に生息するハエより都会に生息するハエの方が人間に被害を及ぼす病原菌を多く持っていることも明かされています。
    ハエは私たちの身近に住む”病気の媒介者”であると再認識する必要がありそうですね。

    ユルクヤル、外国人から見た世界 2017年11月29日
    http://yurukuyaru.com/archives/73842885.html
    character_bug_hae_beelzebub

    【【生物学】一瞬でもハエがとまった食品は絶対に食べてはいけない ハエは想像以上に汚かったことが最新の研究で判明 】の続きを読む

    1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2017/11/27(月) 22:20:14.17 ID:CAP_USER9
    神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかった事件で、最後の被害者とされる東京都八王子市の女性(23)への殺人容疑で再逮捕された白石隆浩容疑者(27)。
    その異様な手口に、犯罪心理学の専門家は「罪を犯した1万人以上の人を見てきたが、同じような例はなかった」と驚きを隠さない。

     白石容疑者はSNSのやりとりで「死にたい」などと書き込んだ人を誘い出し、箱に座らせて、首をつるすなどして相次いで殺害。
    捜査関係者によると、被害者を連れてくるたびに部屋を片付け、芳香剤などでにおいを消していたという。

     犯罪心理学が専門の出口保行・東京未来大教授は白石容疑者について「1億人、いや10億人に1人いるかいないかの人間だろう」と語る。
    国家公務員の「心理職」として全国の刑務所・少年鑑別所で多くの犯罪者を鑑定した経験をもってしても、その行動は説明がつかないというのだ。

     「殺人を犯すには、捕まるリスクと、それまで培ってきた社会的信頼を失うコストを考えるものだが、白石容疑者ははじめからこの2つを度外視している。
    殺すことそのものに強い興奮を感じ、『捕まってもいい。それまでになるべく多くの人を殺害しよう』と考えたのだろう」と出口氏は分析する。

     白石容疑者はツイッターなどSNSを介して被害者と知り合っていた。出口氏は「女性とのやりとりを見るとコミュニケーション能力が抜群に優れていることが分かる。
    相手に合わせて、自分にも自殺願望があると装ったり、自殺したいぐらいのつらさを感じている人には『首吊り士』というアカウントでその方法を示してみせたり、非常に計画的だ」と指摘する。

     白石容疑者は逮捕当初、被害者を襲った理由について「金銭目的だった」などと供述していた。「何かを得る『手段』として殺人を犯したと言えば、
    (捜査当局の)納得を得られやすいので、『逮捕されたときはこう話そう』と、あらかじめ決めていたのだろう」と出口氏はみる。

     殺害そのものが「目的」であるケースを考えると「大きく分けて、殺人に至るまでのプロセスを楽しむ『快楽殺人』と、
    自分の支配欲を満たすための殺人の2通りがある」と出口氏。白石容疑者はそのどちらにも当てはまらないという。

     「相手を呼び出すゲーム性を楽しんでいたとみられる点は前者に近いが、それを続けたいなら遺体は発見されない場所に捨てるはずだ。
    手元に置いていたのは、現時点では1人1人を殺害したときの興奮をフィードバックしていたとしか考えられない。計画性はあるが、
    後に捕まることに対するリスクやコストを度外視しており、過去に見てきたなかで類似のケースはまったくのゼロだ。考えられない」

     モンスターの闇は明らかになるのか。

    11/27(月) 16:56 yahooニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000008-ykf-soci

    【犯罪心理学専門家も驚愕の手口 白石容疑者は10億人に1人の闇「類似ケースはゼロ」 】の続きを読む

    1: みつを ★ 2017/11/28(火) 18:18:28.31 ID:CAP_USER9
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171128/k10011237491000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_035

    11月28日 13時10分News Up

    「“卵子の老化”ってよく聞くけど、男性は何歳でも大丈夫でしょ」

    そう考えている人は大きな間違いです。

    「射精ができるかぎり子どもは作れる」

    そんな考えが大事な人を傷つけているかもしれません。
    まだ、あまり知られていない精子の現実です。
    (ネットワーク報道部記者 牧本真由美)

    精子は新鮮だから大丈夫?

    50代や60代の男性、特に芸能人など名前が知られた人に子どもができたとなると、まるで武勇伝のように聞いてしまい、男性は何歳になっても大丈夫なんだ、と思う人もいるのではないでしょうか。

    精子は、毎日新しく作られる。だから新鮮と言えば新鮮です。


    女性の場合は生まれた時に持っている卵子が、増えることはなく、年を重ねるとともに老化したり数が減ったりするのと大きく違います。

    しかし今、男性は年をとっても大丈夫という考えが誤っていることがわかってきています。

    男35歳、精子の分かれ道

    男性不妊の専門、獨協医科大学埼玉医療センターの岡田弘医師によると男性は2つのタイプに分かれるそうです。

    「35歳を分岐点として“精子力”(=妊娠させる力)が落ちるグループと、落ちないグループです」

    その根拠となるのは、子どもがいる男性と不妊に悩むカップルの男性、合わせておよそ150人を対象に行った調査です。

    全員、精子の量や運動量を調べる通常の精液検査では「正常範囲」と言われていました。

    そこで調べたのが精子力。

    精子は卵子と受精したあと、受精卵の分割を進めるためのスイッチを入れます。その変化を起こす力=精子力があるかどうかを精子とマウスの卵子と受精させて調べたのです。(マウスの卵子を受精させても分割は進まないので、ネズミ人間が生まれることはありません)

    スイッチを入れる力が高い位置で推移しているのが子どもがいる男性たち。不妊カップルの男性陣は、35歳頃から明らかに落ちています。

    「検査で精子の量や運動量も大丈夫と言われた」
    それでも妊娠させる力が弱くなっている可能性があるのです。

    なぜ精子力が低下するのか、原因はまだ研究中ですが、岡田医師は精子をつくる細胞が老化しているのではないかと考えています。

    「通常の検査で大丈夫だったので妻が原因だと思っていた」
    「妻に体の負担ばかりではなく心の負担もかけていて申し訳なかった」
    そんな声が男性たちから聞かれたそうです。

    岡田医師は不妊治療の意識を変えてほしいと話しています。

    「不妊の問題は、どうしても女性側に原因があると捉えられがちです。
    治療を女性任せにしてしまう男性も少なくありません。最初から、自分にも原因があるかもしれないと思うことが治療のスタートです」

    海外の研究でも

    海外の研究では精液の量や精子の運動率なども男性が年を重ねると老化現象が見られるという結果が出ています。

    男性が30半ばをすぎた頃から、遺伝子に異常がある精子の割合が増えることや、パートナーの女性を妊娠させるまでに時間が長くかかることも報告されています。

    まだ研究の数が少なく、女性ほどは明らかになっていませんが、男性も年を重ねると精子に影響があるようです。
    (リンク先に続きあり)

    no title

    no title

    【男35歳 “精子”の分かれ道、NHK最新不妊事情 「男性は年をとっても大丈夫という考えは誤り」 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/11/27(月) 15:46:45.37 ID:54TjHxlRM
    世界初、大麻の成分が脳の神経回路を破綻させることを証明
     大阪大学大学院医学系研究科・木村文隆准教授らの研究グループは、大脳皮質の神経回路形成に複数のメカニズムが関与することを解明した。
    同時に大麻の有効成分カンナビノイドに類似した物質が不要なシナプスを整理すること、
    大麻の摂取により本来必要なシナプスまで刈り込まれ、神経回路が破壊されることを世界で初めて発見。
    米国科学誌「Journal of Neuroscience」に発表した。
    http://univ-journal.jp/8498/
    pic2jp5

    【【大麻】やっぱり害があった 】の続きを読む

    このページのトップヘ